1月の初め、娘が九州は鹿児島 種子島へ。

目的地まで フライト3回。

種子島ってどこ? ここです↓

大館市と友好都市である南種子町へ児童交流団の一員として参加しました。

なぜ友好都市かというと

初めは、H-ⅡAロケットの燃焼試験場がある秋田県田代町と友好町として交流をしていたそうです。

その秋田県田代町が大館市と合併したため大館市と南種子町は友好都市となりました。

そして相互理解と信頼をもとに、教育文化をはじめ、多面的な交流を推進していくことを宣言。

今回は市内から5年生15名が団員として訪問してきました。

屋久島や種子島宇宙センター施設見学、農業体験ではフレッシュなポンカン狩り

7日には正月行事の福祭文を体験。

一生の宝となる体験をさせてもらったようです。

不安で少し曇り気味の表情に出発の日は心配していましたが

無事に帰ってきたその表情はとても晴れやかで「楽しかった!また行きたい!」

その言葉にすべてが凝縮されていたように思いました。

これからもいろいろなことにチャレンジしていってほしいものです。

種子島宇宙センター ロケットと一緒に記念撮影

週末は 新春 住まいるフェア 開催です。